就職活動のリクトモ

服装(スーツ選び)と髪型は清潔感を意識する:専門学校生のための受かる就活講座

この記事は3分で読めます

就活の際、履歴書の写真から選考は始まっています。専門学校生に限ったことではないですが、履歴書の写真は書類の中で唯一の文章以外の項目であるとともに、あなたの印象を決める大事な項目ですので、悪印象を与えないようにするよう心がけましょう。その中でも服装(スーツ)と髪型は重要な要素を含んでいます。

スーツ選びのポイント

専門学校生も大学生や高校生同様に在学中に就職活動をします。専門学校生は専門分野の知識を学んできましたけれども、就職活動においては他の学生たちと何ら違いはありません。ですので就職活動においては専門学校生も当然スーツを着用しなければいけません。その際の気を付ける点などを見て行きたいと思います。

色はネイビーかグレーがベター

まずスーツの色ですが、基本的に無地で色はネイビーかグレーを選べは大丈夫です。中にはもっと派手な柄や明るい色を選びたいと思う人もいるかもしれませんが、就活においては目立つことが目的ではありませんので、出来るだけ無難なスーツを選ぶことが重要です。面接官に余計なイメージを与えない方が就活においては得策です。色は黒でも問題はありませんが、真っ黒だと少しイメージが暗くなってしまいがちです。確かに黒だと今後の冠婚葬祭にも使えると考えるかもしれませんが、就職すれば一着で過ごせるわけではありませんので、黒は就職してから選んでも良いと思います。

シャツは白

シャツはやはり白が鉄則です。綺麗で真っ白なシャツはそれだけで清潔感と好印象を与えます。就活においてのシャツは白意外の選択肢は無いと考えておいても大丈夫です。しかし肝心の白いシャツが汚れていたりシワだらけでしたら台無しです。就活中には何度も同じシャツを着ることになると思いますが、一回着たら必ず洗濯をして綺麗にしておきましょう。特に夏場などで汗をかいたら襟汚れが目立つこともありますので注意しておきます。シャツは2,3枚用意しておいた方が良いです。

ネクタイで多少のアピールはOK

ネクタイも派手過ぎる物や無地の物は避けた方が無難です。しかしネクタイはスーツやシャツよりは多少の個性を発揮することは出来ます。基本的に柄はストライブかドットを選ぶようにします。色は真面目な印象を与えたいときはブルー系を選んだり、少し活発なイメージをアピールしたいときは赤みのあるネクタイを選んでも良いです。ネクタイは色や柄も大切ですが、締め方も重要です。きちんとネクタイを締められていなければ、少しいい加減な印象を与えてしまうかもしれません。逆にきちっとネクタイを締めていれば他の学生よりも有利になるかもしれません。

このように就職活動における服装選びは決して目立ったりお洒落をすることが目的では無いと言うことを認識しておかなければいけません。目立ったおかげで採用に有利に働く場合もあるかもしれませんが、その逆のリスクと考えたら無難に落ち着いたイメージを与える方が良いです。清潔感のある格好をしていることが就職活動においては最も大切です。

就活で印象の良い髪型のポイント

髪の色は暗めにしておく

専門分野によるかもしれませんが、仕事上髪の色を抜くのはさほど抵抗の無い職場は割と多いものですが、それはあくまで就職後のこと。選考時に着目されるのは「常識がある社会人かどうか」です。専門学校生時代のノリのまま、「スーツは着用しているが髪の毛が金髪」では履歴書の時点で悪印象を与えてしまいます。例え秀でた能力の持ち主であったとしても、非常識者という印象を持たれてしまうと、採用後に何かと問題を起こしそうと思われてしまい、就活では不利になります。男性は黒、女性は黒か暗めの茶色にしておくのが良いでしょう。

髪は短めか、まとめておく

色はおとなしめでも髪型が奇抜だというのも良くありません。色と同様、非常識者としての印象を持たれてしまうでしょう。一般的に言われるのは、男性はもみあげが耳半分程度で前髪は眉毛にかからないように、女性は後ろでまとめるなどして左右に広がらないようにし、同じく眉毛にかからないようにしましょう。

履歴書の写真から面接まで初志貫徹

履歴書の写真はバッチリだとしても、面接時に髪型が変わってしまっては元も子もありません。また、履歴書に添付した写真はダメだったが、面接時にちゃんとしたとしても、これも良くありません。前者の場合、仕事に対する姿勢が疑問視されますし、後者の場合も採用されたいという本気度が疑問視されます。どちらにしても、常識ある社会人の行動とは呼べないでしょう。本当に採用されたいと思うのなら、履歴書に添付する写真からバッチリ整え、いざ面接に臨む時もその写真と同様の人物が会場に訪れるようにすることが鉄則です。

専門学校生は、同じ分野で学んだライバルが多いものです。その中で重視されるポイントとして「スキル」はもちろんですが、「社会人としての常識」も重要なポイントであると理解しましょう。どんな仕事にも「お客様」は存在し、どんな企業にも「先輩」は存在します。社会人生活を営む上で「常識」とは、「お客様」や「先輩」とコミュニケーションを図る大切なスキルなのです。卒業後に身につけるのではなく、専門学校生である今の内に身につけておき、社会から必要とされる人物になりましょう。

 

専門学校生のための受かる就活講座関連記事

あわせて読みたい

RETURN TOP