就職活動のリクトモ

専門学校生の就活とアルバイトを両立させるには

この記事は2分で読めます

専門学校生が就活を行う場合、学校で学んだ事柄を社会に生かす事を考えながら活動を行う事が重要です。活動の合間にアルバイトを行う場合、就活と上手く両立させるように自己管理を徹底します。

アルバイトと就活を上手に両立させる方法

専門学校生は大学生と異なって、卒業に当たる年でも土曜日や日曜日などの定期的な休日を除いて、平日は朝から夕方まで授業を行っている事が基本です。就職を目指す活動を行う場合は卒業に当たる年に行っていて、アルバイトは定期的な休日や授業が終了した後に行っている専門学校生が多いです。就活はたいていは授業がない日や授業の合間に行う場合が多いですが、アルバイトなどでシフトを組む時に会社の説明会や面接などの日や時間に重ならないように自分で意識的にスケジュールを立てることが大事です。

仕事を行っていて体調を崩して、面接に出席できない事でせっかく得られた採用のチャンスを無くす事も多いです。授業料などの費用面で特に困る部分がなければ、就職を優先して勤務の回数を減らす事も大事です。働いている事業所の店長などに上手く就職するコツを効くことも良いです。

就活を行う時に気を配る事

専門学校生の場合、基本的に学業が優先なので、学業で得た内容を生かして面接などで会社で行かせる事をアピールします。これまで経験した短時間の仕事で、社会で貢献して行きたい事もアピールすると採用が近くなります。

アルバイトとはいえ仕事をしているという事は、少なくとも社会経験があるという事とみなされます。仕事の中で得られた経験を生かして、面接の担当者に対して即戦力としてアピールするエピソードを踏まえる事も大事です。

スケジュールに沿って、面接の日程などを会社側に合わせてアルバイトのシフトを入れる事が原則ですが、どうしても事情によって面接や会社の説明会などに出席できない場合もあります。面接などに出席できない場合は、出席できない理由などを明確に応募先の会社に伝えます。面接の日時を都合の良い日にシフトしてもらったり、場合によっては丁重に応募を辞退する事も考えます。就職は自分の一生を決める行動として重要なので、有意義な時間を作るために働いている事業所などにシフトを調整してもらうなどのお願いをする事が大事です。

専門学校生が就活をしながらアルバイトを行っている場合、時間をコントロールしながら自己管理をして、応募先の会社などに迷惑が掛からない行動をします。活動を行う際に自分に無理のない勤務をして、報告と連絡と相談を踏まえて本心は就職をするという事を意識しながら活動を行います。

あわせて読みたい

  1. 専門学校生の就活スタート時期はいつから?
RETURN TOP