就職活動のリクトモ

就活に有利な資格は何?面接時や就業後にも有利な資格たち

この記事は3分で読めます

就活に有利な資格は何?面接時や就業後にも有利な資格たち

大学生が就活の際に気になるのが、「就職するときに持っていると有利な資格は何なのか」ということです。面接などで好印象を残し、なおかつ就職してからも役に立つように、取得すると有利な資格について考えてみましょう。

資格って必要なの?

結論から言うと、企業の募集要項に書かれていない限り資格は「必要」ではありません。しかし、他の就活生が多くいる中で他の大学生とどれほど差を付けることができるのかは、就活の際の大きなポイントとなります。就活の際は書類選考や面接の段階である程度ふるいにかけられるわけですが、自分が企業にとって必要な人材かどうかをアピールできるかどうかが明暗を分けます。

そのときにその企業の仕事に合った資格があれば大きなアピールポイントになりますし、資格を持っていることで面接官が自分に興味を持ってくれるきっかけになるかもしれませんので、面接の時に話が広がるという良いところもあります。資格は必要ではないけど、持っていてプラスに働くことはあっても、マイナスになることは無いと考えて良いでしょう。

また、社会人になってからも資格を取るときに勉強して身に付けた知識が役立ち、有利に働くことがありますので、長期的な目で見ても資格を取ることにはメリットがあります。(ただし、「必要」ではないので、資格の勉強をしている場合じゃないときなど、時期によって優先順位を間違わないように気をつけてくださいね)

取得すべき資格は何なのか具体的に考える

就活を有利に進めるために資格を取るうえで「じゃあどんな資格を取ったらいいの?」というのがポイントになります。業種や企業によって有利になる資格や全く関係のない資格もあるので一概には言えませんが、基本的な傾向をお伝えします。

「マイクロソフトオフィススペシャリスト」はどんな仕事でも役立つ可能性がある

どのような仕事でも役立つ可能性があるのが、マイクロソフトオフィススペシャリストです。取得すれば、ExcelやWord、PowerPointなどのオフィスのソフトを使いこなすことができるという証明になります。事務仕事はもちろん、それ以外でもオフィスのソフトを使う機会は多いため、勉強をして得た知識が社会人になってから大いに役立ってくれます。

ExcelやWord、PowerPointなどのオフィスのソフトを使えて「試験を受ければこの資格を取れる」というレベルの人は多いですが、この資格を持っている人は意外と少ないです。

オフィスのソフトを「使えます」と言葉で言うのと、履歴書の資格欄に「マイクロソフトオフィススペシャリスト取得」と記載されているのでは面接官の印象も大きく違いますよね。同じくらいのレベルでソフトを使いこなせる2人が面接を受けて、一人は面接で聞かれて「使えます」と答えるだけ、もう一人は資格を持っていた場合、どちらが選ばれるでしょうか。

オフィスのソフトはほとんどの企業で使われていますが「仕事で使うけど苦手」という事務員なども多いソフトでもありますので、そういった人に教えられる即戦力として見られることも多いです。資格の勉強でオフィスをより使いこなすためのスキルアップにもなりますし、余裕のある方はぜひ取得しておきたい資格です。

多くの業界でも有利なのはTOEIC

知名度が抜群でどの業界でも持っていれば有利になる可能性があるのがTOEICです。TOEICは資格というわけではないですが、TOEICで高い点数を取っているとかなり有利です。今は英語など全く使わないけど「将来的に海外も視野に入れなきゃ」なんて思っている企業も少なくありません。

日本企業に就職する場合でも、海外の企業とやり取りする機会はありますし、海外在住の人や外国人と触れ合う機会がある仕事でしたら、どのような職種でも役立ちます。英語を必要としない仕事でも、面接官に一目置かれる可能性は高いので、TOEICは取っていて損はありません。

経理や財務担当なら「簿記」の資格

経理や財務担当ならば、簿記の資格が良いでしょう。簿記の資格は取得している人口が多いため、本当に就活に有利になるのか疑問を持つ人もいるかもしれませんが、逆に同じ企業を受ける就活生が持っているなど「簿記の資格を持っていないと不利になるケース」も業種によっては多いでしょう。また、数字を扱うことができるというのは強みになります。ビジネスのシーンで幅広く役立つため、面接で特に有利にはならなくても、持っていると何かと便利な資格だと言えます。

このように、就活に役立つ資格にはさまざまなものがあります。持っていれば必ず就職できるとは限りませんが、たくさんのメリットをもたらしてくれますので、時間のある大学生のうちに取得を検討してみましょう。知らない分野を勉強してみることで、新しい世界が広がるかもしれません。

あわせて読みたい

  1. 魅力的なエントリーシート(ES)の構成や書き方
  2. 就活での自己アピール「サークル代表や「ボランティア」に関する面接官の本音
  3. 大学生の就活で人気の職業Best3!みんなどんな職業を志望してるの?
  4. 大学生の就活はいつからいつまで?
  5. 就活で失敗しないために押さえておきたいポイント
  6. 大学生の就活中にOKな髪型とNGな髪型
RETURN TOP