就職活動のリクトモ

インターンシップ制度を活用して就活を有利に進める

この記事は2分で読めます

インターンシップ制度を活用して就活を有利に進める

今は新卒者の有効求人倍率も徐々に上昇してきていて、業種によっては人手不足と言われています。しかし、卒業を控えた大学生にとっては就活をどうやっていったらいいのかは常に気になるところだと思います。

希望する企業は見つかったけど果たして自分は本当にその仕事に向いているのか?といった不安もあるでしょう。そんな時には大学生向けに企業が実施しているインターンシップ制度を利用してみるといいでしょう。

インターンシップ制度を利用するメリット

インターンシップ制度を利用することはたくさんのメリットがあります。

大学生にとっては学生の身分でいる間に社会人体験を味わい、実際に仕事をさせてもらうことで本当に自分がその仕事をやっていけるのか、実際に入りたい会社でインターンを受けられた場合には入社前に社内の雰囲気や仕事の進め方の方針を知ることで、事前にミスマッチな就職、ひいては時間の無駄遣いを避けることができます。

また企業側にとっても、短時間の試験や面接ではその人がどんな人物かはうわべしか知ることができません。短期であっても仕事ぶりをみてから判定を下せるので企業に合った人物を選考することができます。

このように学生と企業の双方にメリットがあり、学生にとってはやはり何より自分を売り込む絶好のチャンスですので、もしインターンシップの機会が持てるのであれば是非利用して企業とのコネクションを作り出していって下さい。

希望する企業がインターンを募集していなかったとしても、同業他社での実際の職務の経験は他の学生に大きな差をつけるポイントになります。インターンシップ制度は就活には本当に有利な制度だと思います。

自分の希望と適正や企業との相性を見極める

就職と一口にいってもまずは的を絞らなくてはうまく採用を勝ち取れません。まず確認しておかなくてはならないのは自分自身は何をやってみたいのか、どんな業種に興味があり、将来的にどんな結果を残していきたいのかなど、自分の希望をはっきりとしておくことです。
その上で自分の持つスキルを考え合わせていき、これならばと思う業種に狙いを定めて活動を始めるといいでしょう。

目標が定まったら、次は具体的にどの企業に入りたいのかを考えます。大まかに希望する企業を決めたら、直接連絡をとって会社案内などを請求してみましょう。併せてもしOBなど知り合いが入社しているなら実情などを直接聞いたり、会社訪問などもさせてもらうといいでしょう。訪問することで、企業側から発信される情報と実際はどんな雰囲気なのかなということを少しだけ知ることができます。

それでもなかなか実情は見えて来ないのと、冒頭でも書いたように希望する仕事が「自分は本当にその仕事に向いているのか?」といった不安もあります。そんな時にはインターンシップ制度を利用してみるといいでしょう。

あわせて読みたい

  1. 大学3年に入ったら就活に向けて準備したいこと
  2. 就活での自己アピール「サークル代表や「ボランティア」に関する面接官の本音
  3. 就活に有利な資格は何?面接時や就業後にも有利な資格たち
  4. 就活の面接対策!好印象で覚えてもらうには「自己PRの軸」を作る
  5. 大学生の就活中にOKな髪型とNGな髪型
  6. 大学生の就活で人気の職業Best3!みんなどんな職業を志望してるの?
RETURN TOP