就職活動のリクトモ

就活で必須!魅力的なエントリーシート(ES)の構成や書き方

この記事は2分で読めます

魅力的なエントリーシート(ES)の構成や書き方

エントリーシート選考はいわば、書類選考のさらに手前にある選考と言っても過言ではありません。まずはこのエントリーシート選考を突破することで内定への道への一歩が開けていきます。魅力的なエントリーシートによって自分という人物を上手に伝えましょう。

ESで重要なこと

エントリーシートは頭文字をとってESとも呼ばれます。特に大手企業では就職希望者が多いため、一人一人に対したくさんの時間を割いている余裕はありません。そのため活躍するのがこのESです。

社会人では履歴書や職務経歴書によって実績や資格、自分の技能等が問われますが、一般的に社会人経験のない大学生にとって問われることは「あなたとはどういう人間なのか」ということです。

企業の採用基準は「あなたはその会社でどう活躍してくれるか」ということです。例えば接客・サービス業ではお客様へのサービス精神が問われますし、営業職ではコミュニケーション能力やフットワークの良さが必要です。そのためESで問われることが多いのは長所や自己PR、今まで努力したことといった「大学生でどんな経験をしたか」を重視します。

良い自己PRはどうやって書いたら良いのか

初めての就活でESの書き方がわからない大学生も多いでしょう。たとえ自分の強みがはっきりとしていても、それがきちんと伝わるか否かは書き方次第です。

書く前にまずは構成を把握しておきましょう。就活は内定を得て、大学生から社会人への一歩を踏み出すための大切な時間でもありますが、同時に大学生活を振り返るための貴重な時間でもあります。企業に自分を売り込むための短い自分の歴史書です。しっかりとした構成のエントリーシートで自分の魅力を最大限伝えましょう。ここをしっかりやるかやらないかでできる自己PR文はかなり違ってきます。

そして、読み手がすぐに理解できるように冒頭に自己PRの結論を持ってくるようにしましょう。「私はこういう人物です」というのを最初に宣言することです。

次に書くことはなぜあなたがそのような人物なのかという理由です。事例やエピソードなどですね。題材は勉学だけでなく、サークル活動やアルバイト、日常のさまざまな視点から切り取ることができます。考え方や価値観をふまえて筋が通るように書きましょう。

さらに、そのような行動をとったことによって、結果どうなったのかを書きます。成功や失敗ではなく、大切なことはそこから自分が何を得ることができたのかということです。成績としての結果、感情としての結果色々あると思います。読み手が納得できるようにエピソードに価値を与えましょう。

  1. 構成を把握(大学生活を振り返る)
  2. 冒頭に自己PRの結論を持ってくる
  3. なぜあなたがそのような人物なのかという理由(事例やエピソード)
  4. 結果どうなったのか?そこから何を得たのか

これはあくまで構成の一例です。正解はありませんので形にこだわらずに書いてみましょう。また、文章を書くにあたって最低限のことですが、文体をきちんと統一し、読みやすい文章を書くように心がけましょう。

あわせて読みたい

  1. 大学3年に入ったら就活に向けて準備したいこと
  2. インターンシップ制度を活用して就活を有利に進める
  3. 就活での自己アピール「サークル代表や「ボランティア」に関する面接官の本音
  4. 大学生の就活中にOKな髪型とNGな髪型
  5. 就活の面接対策!好印象で覚えてもらうには「自己PRの軸」を作る
  6. 大学生の就活はいつからいつまで?
RETURN TOP