就職活動のリクトモ

就職活動を有利に進めるためのポイント

就職活動する方は新卒の方や中途採用の方を含め多くの方がいますが、多くの方は以下の5つのいずれかに当てはまります。

  • すぐに良い就職先が決まる方
  • 希望条件とは大きく違うけど、すぐに就職先が見つかる方
  • なかなか就職先が決まらないけど最終的に希望条件にぴったりの良い就職先を見つける方
  • いつまでたっても良い就職先が決まらない方
  • まともに就職活動ができていない方

ほとんどの方はこのいずれかに当てはまるでしょう。

就職活動がうまくいくためには今の自分がどういう状況にいるかを客観的に把握し、その解決方法を見つけることが大事です。

参考:良い職場を見つけられた人と見つけられない人の違い

就職活動が出来ていない場合

これは、情報収集をしたり就活サイトに登録などはしていても実際に企業の求人に応募をしたり履歴書を送ったり面接を受けたりといった行動をしていない場合も含まれます。

就職活動ができていない方も、単にやる気がないというだけの場合もあれば、情報が多すぎて何をどうしたらいいかがわからないと悩んでいる方も多いことでしょう。

前者の場合はまず、何らかの方法でやる気を出す必要があるし、後者の場合は情報を整理する必要があります。

「自分がどういう企業に勤めたいかわからない」という方は、いろんな企業情報を見てみることも有効ですが、それでも見つからない場合、まずは自分自身について深堀りしてみるというのもひとつの手段になるでしょう。

長く続けている趣味、小さい頃に好きだったこと、褒められてうれしかったことなどを思い出し、「なぜそれが好きなのか?」を考えてみるとよいでしょう。その答えに対してまた「なぜ?」と問いかけていくと、自分が本当に好きなことが見つかります。

就職したい「良い企業」がなかなか見つからない場合

就職活動をしているのに決まらないという方も同様で、自分が本当はどんな仕事をしたいのかというのが明確になっていない場合が多くあります。特に「就職したい良い企業が見つからない」という場合は、まず自分自身のことが明確でないと選ぶ基準も曖昧になります。

この場合は情報を入れれば入れるほど迷宮に迷い込んでしまいますので、面倒に感じるかもしれませんがまずは就職活動ができていない方と同様に、自分自身をたな卸ししてみることが大事です。

情報の探し方(探す基準)に問題があったり、得られる情報が少なすぎる、または多すぎて選べないということもあるでしょう。

良い就職先ほど早く内定者が決まってしまう

いずれにしても良い就職先ほど多くの人が就職を希望するので、早く内定者が決まってしまいます。基本的には動くなら早く動いた方が有利です。

新卒採用を狙う人はこれを読んでいる時期によっては「じゃあもう遅いのか」と思ってしまう場合もあるかもしれませんが、「こんなにいい企業なのに誰も気づかなかった」という掘り出し物のような求人案件や、「今年は新卒採る予定なかったけど、人員に空きが出たから募集してみるかな」という案件が出てくることもあります。

そういった後から出てきた良い求人案件は穴場ですね。
ただし、ここは情報量がモノを言う部分です。

良いアドバイザー = 良い就職先

周りに良いアドバイザーがいない、またはもっと情報の範囲を広げてみたいという場合には、就活サイトを利用するというのも一つの手です。

ほとんどの方は自力での就活だったり、新卒でも学校の先生などのアドバイスしか受けていないと思いますが、学校の先生はもちろん生徒の就活の面倒を見た経験はありますが、就職活動に関する業務ばかりを行っているわけではありません。メインとなる業務は生徒に教えること、そのかたわらに就活の指導などを行っています。

就活サイトのアドバイザーたちは、就職活動のサポートがメインの仕事です。

対象となる企業に実際に訪問し、人事担当者からどのような人材が求められているかを実際に聞き、就職希望者とマッチングして彼らの就職活動、面接や履歴書の書き方などのアドバイスを行っています。

プロ野球選手なども球団との交渉うまく行うために、エージェント(交渉代理人)を使いますよね。野球という本職があるので交渉のプロになる必要はないんです。あなたも同様です。面接のプロになってもそれが使えるのは就活中の今と、将来転職をすることがあったときくらいでしょう。

もちろん、だからといって手を抜いてよいわけではありませんが、自分で全てできなくてもプロのアドバイスを受けて上手くやってしまえたほうが効率的と考える方のほうが多いのではないでしょうか。良い条件を見つけるのも上手く、面接などを有利に進める実践的アドバイスをくれるので結果的に良い就職先を見つけることができたというケースは多々あります。

就職活動の場合非常に有利なのは就活生は就活エージェントを利用する手数料はかからないということです。

就活サイトは企業からお金をもらって運営をしているので、就活生は一切お金がかかりません。

無料で彼らの情報やアドバイスなどを利用することができるんです。「無料なんて悪いな」と思う必要もありません。あなたが良い企業に就職すれば彼らは就職先の企業からお金をもらうことができます。つまり、あなたが就職活動を成功させることが彼らの利益になるんです。

企業としては採用したい人材の条件を提示し、それに合った良い人材だけを紹介してもらうことで面接等の回数を減らすことが出来て業務の効率化になます。その代わりに手数料を支払っているのです。

就職したいあなたも、効率的に良い人材を採用したい企業も、就活アドバイザーも、みんなが特をするこのシステム、使わない理由などないのではないでしょうか。

実際に就活サイトに登録し、「今までずっと決まらなかった就職が決まった」という方も多くいますし、「自分では見つけられなかったような良い企業に就職することが出来た」という方もいます。

情報収集の一つとしてでも、登録をしておくメリットは十分にあるのではないでしょうか。

RETURN TOP